50代からのリフォーム

築55年以上の木造でご両親が40年近く住み続けた家を譲り受けての全面リフォームを行いました。
50代のご夫婦だけの生活になるとのことで、水回りはもちろん、ご主人の念願であった囲炉裏を真ん中にしての居住空間になりました。玄関のしつらえ、小上がり収納、飾り棚など鹿児島産の竹をふんだんにつかい、使い勝手はもちろん意匠にもこだわり、非日常的な要素も少しいれてこれからの生活を楽しむ住まいをご用意しました。
50代からのリフォーム日常をあじわう

日常をあじわう

玄関引戸は京都で使われていたものを再利用し、座って靴がはけるようベンチを置くことで普段の履物も収納可能になっています。囲炉裏の部屋は、床板は杉の浮造りの床暖房。冬場はこの2つで十分に暖をとり、みんなで囲みながらの団欒を楽しめます。和室には壁一面の引戸クローゼットを設け、日常は寝室としてつかい、扉を引き込みにすることで居間との一体感もあるので、大人数の来客にも対応可能にしました。
ダイニングは、押し入れだったところを竹を敷いた小上がりの収納にし、隣はいずれ仏壇置き場にできるよう、開きの収納にしました。
キッチンは吊り戸はつけずに、背面に家電製品、食器棚とカウンターをつけて導線が効率よくなっています。お風呂はシステムバスに変え、洗面脱衣はコンパクトながら収納も壁面を上手く利用して解決。
天井はクロス仕様ではなく、シナ合板に塗装し、シンプルモダンな和風に仕上げました。