陰影礼賛の家

骨董、アンティークを趣味にされているお客様。
和室の二間つづきとリビングを昔ながらの田の字間取りにしたことで、平屋の高い天井とあいまって、とても広々とした空間になりました。梁を活かした間接照明、大事にされていた欄間を照明カバーと、これまであたためていたものを使い、また囲まれて、お客様の住まいへの思い入れがとても感じられる家に仕上がりました。落ち着いたリビングに暖炉があることで、温かみのある和風モダンな雰囲気のお家になりました。
落ち着いた和風建築

落ち着いたリビングに暖炉がある和風モダン

水回りは同居されるご両親を気遣い、動線をなるべく短く、そして使い勝手の良い設備商品にしました。
そして、ビルトインガレージで雨の日濡れることなく室内へ入ることができます。なにより銅板葺きの数寄屋門と玄関までのアプローチ。日本の伝統様式ですが、最近は見かけることが少なく、卓越した職人たちの知恵と技の結集で見事な出来栄えになりました。